川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
季節の変化
平成最後の桜も散り始めました。これからは新緑の季節を迎えます。
季節によっても病気は変化します。現在も花粉症で悩んでいる方がいらっしゃると思います。スギが終わるとヒノキ花粉の飛散が始まり、ゴールデンウィーク前後まで続きます。ヒノキの花粉症がある方はこのあたりまでは服薬した方が安心です。花粉症は春だけでなく、秋にも発生します。症状が強い方は予防が大事です。また、春先から初夏にかけては中国から飛散する黄砂やPM2.5などもせきの原因になります。
インフルエンザの流行は冬の乾燥した時期です。梅雨から夏にかけては食中毒などによる胃腸炎。夏は熱中症の発症が多くなります。喘息発作は季節の変わり目や梅雨どき、台風シーズンなどで悪化が見られます。
病気の流行する時期や悪化する時期を、あらかじめ把握しそれに対する対応や対策を行えば、病気の罹患を予防できたり、罹っても軽く済ませることができます。病気において、とにもかくにも予防が一番大切なのです。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
梅雨

梅雨空に紫陽花が生える今日この頃です。日本には四季がありますが、梅雨は第五の季節とも言われます。梅雨により適度な雨が降ることで、農作物などをより豊かにすると聞いたことがあります。梅雨時の七夕は子供心には恨めしく思ったこともありましたが、日本の良い風習がこの季節とマッチしていて僕は好きな季節です。
梅雨時になると病状の悪化が見られるのが喘息です。喘息のような気道過敏性が亢進している状態では、気温の上下差や気圧変化などで悪化することがあります。喘息の持病のある方は、予防の服薬等が肝心となります。
また、神経痛なども悪化する方がいらっしゃいます。昔、手術や事故などで傷を負われた方も古傷が痛む時期かもしれません。これも気圧による場合が多いと考えられます。
梅雨は嫌だと言われる方も多いかも知れませんが、紫陽花などを愛で日本の第五の季節を楽しんでみるのも良いかと思います。

追伸:この文を投稿する前に、最も早い梅雨明け宣言が6月29日に出されました。今年の七夕は星空で見られるのでしょうか?

2018.07.03
pagetop