川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
気胸
皆さんは気胸という病気をご存知でしょうか?肺に小さな風船(気腫)ができて、それが破れることによって肺から空気が漏れ出して起こる病気で、胸痛や息切れ、息が吸いづらいなどの症状が出現します。重篤な状態になると命の危険も生じる病気です。
肺の中になぜ風船ができるかは、難しい問題でした。肺の外側の膜(胸膜)の桅弱性が原因とされ、遺伝子レベルでの問題とも言われています。その弱まった胸膜に絶えず空気による圧力が加わることによって、お餅が膨らむように肺に風船ができます。そして、破裂とともに肺内の空気が肺外に出ることによって、肺自体が風船がしぼむようにしぼんでしまいます。肺は呼吸を司る臓器なので機能不全を起こし息苦しさを感じるようになるのです。
肺のしぼみ方が高度なら直ちに、鉛筆の太さほどの管を胸腔内に挿入して、漏れた空気を抜く(脱気)ことが必要となります。空気を抜くことにより肺は再び膨張して呼吸も楽になります。この処置で治れば、管を抜いて治療は終了となりますが、気胸は再発も多い病気です。脱気をしても空気漏れが止まらなかったり、再発した場合は手術による治療となります。現在の手術は、胸を大きく開けることもなく、胸腔鏡というカメラや道具を数センチの傷から挿入して風船を切除する方法がとられています。術後の痛みも軽く歩行や退院も早期にできます。
気胸は痩せ型の若い男性に起きることが多いのですが、若い女性に起きることや年長者で生じる場合もあります。その際には別の病因が存在することもあり注意が必要です。気胸は軽度の状態では、胸痛や息切れなどが初発症状となるので、それら症状がある場合には胸部X線検査を行うことが有用です。当院では診断および、重症時には処置や手術可能な高次病院へのご紹介も致します。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
酷暑

今年の関東地方は梅雨がほとんどなく、観測史上最も早い梅雨明けが宣言されました。その後は酷暑が続いています。気象庁も高温注意情報を連日のように出しています。

この時期、熱中症の方が当院のような小さなクリニックでも診ることがあります。熱中症は重症化するとクリニックでは対応できません。それほど重篤な疾患なのです。病気全般に言えることですがまずは予防が肝心です。

では、熱中症はどうして起こるのでしょうか?人の体は良くできており、暑い環境下では、皮膚表面を走っている血管を拡張させ血流を増加させ体温を下げるようにさせます。また、皮膚に分布する汗腺を刺激して発汗を促しさらに体温低下を促進させます。ところが、体内での水分が十分に足りていない状態が持続すると、本来行くべき脳などへの血流が不足する事態となり、めまいや立ちくらみなど生じるようになります。さらに発汗による水分の喪失でさらに悪化することとなります。発汗とともに塩分やミネラルも喪失するので、怠さや筋肉の痙攣なども生じることとなります。この悪循環に入ると、最終的には意識も失い死に到ることもあります。気がつかないうちに徐々に悪化してゆくのが熱中症の恐ろしいところです。重症の熱中症では高次病院での集中治療も必要となります。

一度、熱中症のサイクルに入り込むと脱出は難しくなります。そのような状況にならないように予防することが最も大切です。予防に関しては常日頃、言われていることですがこまめな水分摂取に心がけることです。子供や高齢者は喉が渇かなくとも積極的に水分を口にすることが肝要です。寝る前にもコップ1杯の水を飲んで下さい。そして塩分も補給も行って下さい。室内にいても熱中症になります。現代の異常な高温多湿ではクーラーを使用するのは必須です。特に夜間は止めるという話も耳にしますが、夜間も現在のような気候においては継続使用をお勧めします。

現在は、もう昔の古き良き日本の夏ではないことを肝に銘じることです。

2018.07.16
pagetop