川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
AIと医学と未来
巷ではAI(ArtificialIntelligence)が話題となっています。AIとは人工知能のことで、人間の脳が行っているような知的作業をコンピュータ上で行うシステムやコンピュータプログラムを指すものです。つまり知識(データ)を蓄積して自己学習し新たな事象に対して自己判断していきます。車の自動運転などに応用され、去年から今年にかけての年末年始には、都内のJR山手線でもAIを使った自動列車運転の実験がされたことも報じられました。医学の世界でもAIが用いられ始めています。AIは膨大なデータを処理して異常を検知することが得意なため、レントゲン写真で肺がんなど異常陰影の検出や、胃カメラなど内視鏡でのがん検出率向上に期待が持たれています。人間で生じる判断ミスはなくなり診断率は向上するといわれています。医者の仕事も将来は無くなるかもしれませんね?
現在の科学進歩には、AIの開発は必須でグーグルやヤフー、アマゾンなども巨額な資金を投入してさらなる開発にしのぎを削っています。
AIは様々なデータを蓄積して、経験値を積み成長します。ネットなどへのアクセスも制限をかけなければ自分で行えます。将来、AIがさらに発達したら、SF映画のように人間がAIによって支配される時代が来るかもしれません。映画は、人間生活の近未来をよく表すものであります。恐ろしい映画の世界が、現実にならないよう人間こそがAIを制御して行かなければなりません。しかし、果たして人間がAIの上に立てるのかは疑問があります。ホントに、ボーと生きていては誰かに叱られてしまいます!
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
喘息の話。

冬は喘息発作による死亡率が高くなるとの報告があります。喘息発作で亡くなる方は未だいるのです。

喘息は大きく分けると小児期からのアトピー性素因などに併発するタイプと、成人になってから発症するタイプがあります。成人発症喘息の半数以上は非アレルギー性とされます。タバコや大気汚染物質、黄砂等が原因として考えられていますが詳細は不明です。

アレルギー性の原因としては杉や桧に代表される草木、ダニやゴキブリなどの昆虫、猫・犬などの動物、食物ではエビやリンゴなどのバラ科植物等多岐にわたります。またアレルギー性鼻炎も喘息になり易いと言われます。

喘息は気象の変化や気温の低下、鼻風邪や気道感染症などでも発作が誘発されます。喘息の既往がある方は風邪の予防としてマスクの着用や手洗い、うがいを励行して薬の継続使用が発作予防に重要です。

2016.12.08
pagetop