川口元郷 内科 循環器内科 川口領家循環器内科クリニック

川口領家循環器内科クリニック

048-242-5462

〒332-0004 埼玉県川口市領家1-24-4 ロードビルディング2F

院長のひとこと

  • 診療案内
  • 内科
  • 循環器科
  • 呼吸器科
  • 患者様専用駐車場あり
  • 初診の方へ
  • 患者様へお知らせ
  • 各種検査について
院長のひとこと
季節の変化
平成最後の桜も散り始めました。これからは新緑の季節を迎えます。
季節によっても病気は変化します。現在も花粉症で悩んでいる方がいらっしゃると思います。スギが終わるとヒノキ花粉の飛散が始まり、ゴールデンウィーク前後まで続きます。ヒノキの花粉症がある方はこのあたりまでは服薬した方が安心です。花粉症は春だけでなく、秋にも発生します。症状が強い方は予防が大事です。また、春先から初夏にかけては中国から飛散する黄砂やPM2.5などもせきの原因になります。
インフルエンザの流行は冬の乾燥した時期です。梅雨から夏にかけては食中毒などによる胃腸炎。夏は熱中症の発症が多くなります。喘息発作は季節の変わり目や梅雨どき、台風シーズンなどで悪化が見られます。
病気の流行する時期や悪化する時期を、あらかじめ把握しそれに対する対応や対策を行えば、病気の罹患を予防できたり、罹っても軽く済ませることができます。病気において、とにもかくにも予防が一番大切なのです。
以前のひとことはこちら
  • 八王子循環器クリニック
  • 東福生むさしの台クリニック
慢性閉塞性肺疾患(COPD)

9月になり涼しい日々が続いています。この夏は、天候不順もあり体調管理に気を使われたことと思います。愛煙家は気温の低下などに伴い、歩行時の息切れや咳・痰が酷くなることがあります。そのような症状はもしかするとCOPDかも知れません。
COPDとは慢性閉塞性肺疾患を示す略語です。COPDは主にタバコにより気道や肺胞に炎症を生じ、肺の働きが低下する病態をいいます。COPDの症状は、当初は咳や痰、軽度息切れなどの症状ですが、放置しておくと徐々に進行し息切れなどが悪化、自宅や外出先でも酸素吸入が必要となる重篤な場合もあります。
COPDになると、気管支や肺が完全に元の状態に戻ることはありませんが、禁煙や薬物療法、運動療法などで病気の進行を和らげ症状を軽くすることができます。
特に愛煙家の方で咳や痰が長引いたり、階段や坂道で息切れを感じるようになったら受診をお勧めします。

2017.09.04
pagetop